医薬部外品有効成分コウジ酸|美白成分として注目される

医薬部外品有効成分コウジ酸|美白成分として注目される

美白成分のコウジ酸。

 

医薬部外品の美白成分といえばハイドロキノン・トラネキサム酸・アルブチンが有名ですが、コウジ酸も美白成分として注目されています。

 

美白成分のコウジ酸とは、いったいどんな成分なのでしょうか?コウジ酸の秘密に迫ってみました。

 

コウジ酸とは

コウジ酸とは、お酒を作るときに使う米麹の中から発見された成分です。

 

お酒を作るときには麹菌の力を借ります。麹菌がお米を発酵させることによってお酒になります。コウジ酸は麹菌がお米を発酵させるときに作られるのですね。

 

コウジ酸は1987年に、美白効果があるとして医薬部外品の有効成分に認可されました。

 

医薬部外品とは、厚生労働省が認可した有効成分が規定量配合されている製品のこと。医薬部外品の効果は、医薬品のようにはっきりとはしておらず、緩やかな効果があるのが特徴。

 

コウジ酸の効能

コウジ酸の効能は、美白効果があること。コウジ酸の美白効果とは、メラニン色素の生成を抑えて、シミ・くすみのもとが作られないようにすることです。

 

シミの原因物質はメラニン色素ですが、メラニン色素は紫外線などの外的要因やホルモンバランスの乱れで起きるとされています。

 

メラニン色素ができる原理は次のようになります。肌の中になるメラノサイトが紫外線などから刺激を受けると、チロシナーゼという物質を出します。

 

チロシナーゼはメラノサイトの中にあるチロシンという物質と接触するとメラニン色素に変化していきます。以上がメラニン色素ができる生成過程です。

 

メラニン色素のもとになるチロシナーゼには銅イオンが入っており、銅イオンがあることによってチロシナーゼはメラニン色素に変化できるそうです。コウジ酸はチロシナーゼと接触することによって、チロシナーゼから銅イオンを抜き去り、メラニン色素に変化するのを防ぐということです。

 

コウジ酸配合化粧品

 

医薬部外品の有効成分として美白効果が認められているコウジ酸。

 

美白化粧品は色々な化粧品メーカーからたくさんのブランドが出ていますが、コウジ酸が配合されている化粧品にはどのようなものがあるのでしょうか?

《ONE BY KOSÉ》

メラノショット ホワイト[医薬部外品]40ml・ノープリントプライス
《インフィニティ》
リアライジング ホワイト スティック XX・4g・8税抜,000円
リアライジング ホワイト ローション XX・160ml・税抜7,000円
リアライジング ホワイト セラム XX・120ml・税抜7,000円

 

コウジ酸カテゴリの最新記事