トラネキサム酸とは|抗炎症作用・美白効果|第一三共開発成分

トラネキサム酸は第一三共が開発した成分です。

トラネキサム酸は、開発されてから医薬品に配合されてきました。

そして、トラネキサム酸の「メラミン色素の生成を抑えしみそばかすを防ぐ」効果が、医薬部外品の有効成分として認められて以降は、医薬部外品の美白化粧品にも配合されるようになりました。

この記事では、トラネキサム酸の働きや効果効能をご紹介した内容になっています。

トラネキサム酸の効果効能とは|医薬部外品の有効成分

美白効果や抗炎症作用があるとして人気のトラネキサム酸とは、どのような特徴がある成分なのでしょうか?

第一三共ヘルスケア公式サイトで、トラネキサム酸の特徴を調べてみました。

≪トラネキサム酸とは≫

トラネキサム酸は、タンパク質を構成する成分である必須アミノ酸リシンを元に人工合成されたアミノ酸の一種であり、炎症を引き起こす生体内の酵素「プラスミン」を抑制する「抗プラスミン作用」を持っています。喉の腫れや口内炎を治療する薬から、毎日使う歯磨き粉など、幅広く使われています。

出典トランシーノ公式サイト

第一三共ヘルスケアによると、トラネキサム酸には、炎症を引き起こす身体の中の酵素「プラスミン」を抑える働きがあるということです。

はじめにお話ししてたように、トラネキサム酸は第一三共が開発したオリジナル成分になります。

トラネキサム酸は、医療用の成分として1956年に発売されて以来、50年以上の実績がある成分なのだそうですよ。

トラネキサム酸の美白効果|医薬部外品の有効成分

2002年、トラネキサム酸は、医薬部外品の有効成分として「メラニン色素の生成を抑えしみそばかすを防ぐ」美白効果が認められました。

トラネキサム酸の美白効果について、公式サイトには以下のように記載してあります。

≪トラネキサム酸の美白効果≫

  • トラネキサム酸は、メラニンの生成を促進するプラスミンを抑制し、シミやくすみの原因になるメラニン色素の発生を抑える働きを抑えます。

医薬部外品の美白有効成分

医薬部外品の美白有効成分には、トラネキサム酸以外にもいろいろな成分があります。

≪医薬部外品の美白有効成分≫

医薬部外品のそれぞれの美白有効成分には、それぞれの特徴があります。

また、肌質に合う合わないもあると思います。

ですので、美白有効成分選びに迷ったら、まずは気になる美白有効成分配合の化粧品からお試ししてみてはいかがでしょうか?

トラネキサム酸の特徴と効果

トラネキサム酸の特徴と効果効能を調べてきました。

トラネキサム酸には、抗炎症作用と美白効果があることが分かりました。

≪トラネキサム酸の効果≫

  • 抗炎症作用
  • 美白効果

肌が肌荒れして乾燥や赤みが出ているときは、抗炎症作用のある成分配合の化粧品を使いたいものですね。

そして、しみそばかすやくすみが気になるときは、美白効果のある化粧品を使いたいものです。

このように、肌荒れやシミそばかすが気になるときに、肌荒れとシミそばかすをしっかりケアしてくれる化粧品が、トラネキサム酸配合の化粧品になります。

第一三共ヘルスケアのトラネキサム酸配合の製品

抗炎症症作用や美白作用があるトラネキサム酸が配合された製品には、どのようなものがあるのでしょうか?

第一三共ヘルスケアが販売しているトラネキサム酸配合の製品を調べてみました。

ぺラックT錠|第三医薬品

ぺラックT錠は、「喉の炎症や痛みを抑えるために開発されたトラネキサム酸配合の第三医薬品」です。

ぺラックT錠の特徴は、トラネキサム酸、抗炎症作用のあるカンゾウ乾燥エキス、粘膜を保護するビタミンB₂・B₆、抗酸化作用あるビタミンCが配合されている点にあります。

トラネキサム酸を中心に炎症を改善するぺラックT錠は「喉の痛み・はれ」に良く効くということです。

トランシーノⅡ|OTC医薬品

トランシーノIIは、肝斑(かんぱん)の改善の効果が認められたOTC医薬品です。

肝斑(かんぱん)とは、「主に頬に現れる左右に対象のシミのようなくすみ」のこと。

トランシーノⅡの飲み方は、1日2回、食後に服用します。

トランシーノⅡは薬局で購入できます。

ブライトエイジ|美白化粧品

ブライトエイジは、第一三共ヘルスケアが開発したトラネキサム酸配合の化粧品シリーズです。

クレンジング・洗顔料には、炎症を抑える有効成分グリチルレチン酸ステアリルが配合されています。

化粧水・乳液状美容液・夜用クリーム・CCクリームなどには、美白有効成分のトラネキサム酸が配合されています。

ブライトエイジをラインナップで使用することにより、年齢肌による肌悩みやシミをしっかりとケアすることができますよ。

まとめ

トラネキサム酸には、抗炎症作用と美白効果があります。

トラネキサム酸は、1956年に医療用の成分として発売されて以来、50年以上の実績がある成分です。

また、1992年以降、トラネキサム酸は医薬部部外品の有効成分として美白効果も認められました。

いまでは、資生堂の美白化粧品HAKU、ブライトエイジ、その他多くの化粧品にトラネキサム酸が配合されています。

このように、トラネキサム酸配合の化粧品はたくさんありますので、気になる化粧品からお試ししてみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする