アルブチンとは|医薬部外品の美白成分|スキンケア|ビタミンC誘導体

4月になると、テレビCMや雑誌で、美白化粧品の広告を目にすることが多くなりますね。

シミくすみや美白が気になる方は、医薬部外品の美白化粧品に入っている美白有効成分の種類が気になると思います。

化粧品に配合される美白有効成分には、ハイドロキノン・トラネキサム酸・コウジ酸などがあります。

また、アルブチンやビタミンC誘導体も、医薬部外品の美白有効成分になります。

そこでこの記事では、アルブチンとビタミンC誘導体の美白効果についてご紹介していきたいと思います。

アルブチンとは|美白有効成分

アルブチンは、医薬部外品の有効成分として「メラニン色素の生成を抑えシミそばかすを防ぐ」効果があります。

シミそばかすの原因は、紫外線などにより肌にメラニン色素ができることによります。

ですので、シミそばかすを防ぐためには、肌にできるメラニン色素の生成を抑える必要があります。

アルブチンは、メラニン色素の生成を抑える効果があるので、シミそばかすを防ぐ美白効果があるといえるのですね。

メラニン色素|シミの原因

メラニン色素はメラノサイトという細胞から作られますが、メラノサイトはいくつかの生成過程を経てメラニン色素を作りだします。

メラノサイトがメラニン色素を生成する過程

↓↓↓

お肌の表皮と真皮の境目にあるメラノサイトが紫外線や活性酸素のから刺激を受けると、チロシナーゼという酵素の生産を始める。

↓↓↓

このチロシナーゼがメラノサイトの細胞の中にあるチロシンを刺激する。

↓↓↓

酵素チロシナーゼによって刺激を受けたメラノサイトの細胞の中にあるチロシンはシミやくすみの原因になるメラニン色素を発生させる。

シミやくすみの原因になるメラニン色素の生成過程をご説明しました。

美白成分のアルブチンは、メラニン色素の生成を抑えますが、以下のようにしてメラニン色素生成を抑えるといわれてます。

≪アルブチンの働き≫

  • アルブチンがメラニン色素を抑制する働きは、アルブチンがメラノサイト内のチロシナーゼ酵素を抑制することにより、メラニン色素の生成が抑制されるということです。

アルブチンの種類

アルブチンの種類には、大きく分けて「α-アルブチン」と「βアルブチン」の2種類あります。

  • α-アルブチンは、β-アルブチンの10倍のチロシナーゼ抑制効果が確認されてるアルブチンです。
  • β-アルブチンは、ツツジ科のウワルウシやサンタベリーなどの植物の中にある天然成分として知られています。

化粧品に使われるアルブチンは、α-アルブチンが利用されることが多いそうです。

その理由は、β-アルブチンよりも高いα-アルブチンの方が美白効果が高いためといわれています。

アルブチン配合の化粧品|医薬部外品

医薬部外品の美白有効成分アルブチンですが、アルブチン配合の化粧品には何があるのでしょうか?

アルブチン配合の化粧品を探してみました。

アルブチン配合化粧品

富士フィルム

アスタリフトホワイトブライトローション
アスタリフトホワイトクリーム

ビービーラボラトリーズ

薬用ホワイトニングエッセンスα 

ディセンシア

サエル ホワイトニング ローション コンセントレート
サエル ホワイトニング クリーム コンセントレート

チューンメーカーズ

アルブチン配合エッセンス原液美容液

肌ラボ

白潤薬用美白化粧水

アスタリフト

ブライトローション

ビタミンC誘導体|医薬部外品の有効成分

ビタミンC誘導体も、医薬部外品の有効成分として「メラミン色素の生成を抑えしみそばかすを防ぐ」美白効果がある成分です。

また、ビタミンC誘導体には、美白効果以外にも「抗酸化作用」「皮脂分泌抑制作用」「コラーゲン生成サポート作用」などの働きがあります。

≪ビタミンC誘導体の働き≫

  • 美白効果
  • 抗酸化作用
  • 皮脂分泌抑制作用
  • コラーゲン生成サポート作用

ビタミンC誘導体は美白化粧品に配合されることが多いですが、抗酸化作用や皮脂分泌抑制作用があるので、ニキビケア化粧品に配合されることも多いです。

ビタミンC誘導体配合化粧品

美白有効成分ビタミンC誘導体が配合されている薬用美白化粧品を調べてみました。

≪ビタミンC誘導体配合の薬用化粧品≫

  • 米肌澄肌薬用美白ローション(コーセー)
  • 米肌澄肌薬用美白エッセンス(コーセー)
  • アクアフォースホワイトローション(オルビス)
  • アンフィネスホワイト ホワイトニング パンプ ミルク(アルビオン)
  • 美白化粧水 VC(ちふれ)

ビタミンC誘導体配合化粧品のレビュー

≪アンフィネスホワイト ホワイトニング パンプ ミルクのレビュー≫

朝晩コットンでクルクルするのはちょっと面倒&時間がかかりますが、こちらとスキコンを使うようになってからもちもちスベスベ肌になりました。(洗顔やら他のおかげもあるけど)
化粧をしない日の肌のコンディションは最高です。

アルビオンのコットンにしっかり3プッシュ、肌にのせて滑らせるのが気持ちいい。
1か月経ってだいぶ軽くなったので1本で1か月半くらいかな?

美白効果は目に見えて分からないので何とも言えませんが、おすすめの1本!

出典:https://www.cosme.net/product/product_id/10147017/review/508036859

≪ちふれ美白化粧水 VCのレビュー≫

安いの色々試しましたがこれが一番合いました。肌荒れするような強い成分が入っていないようですっきりなじみ、ちゃんとしっとりします。が、強いしっとり感ではないので、もっと保湿成分が入ってるほうが冬にはいいかもしれませんが、低刺激を選びたいなら良いと思います。

出典:https://www.cosme.net/product/product_id/10058438/review/507337841

アルブチンとビタミンC誘導体はどっちがいいの?

アルブチンとビタミンC誘導体はどっちがいいのか気になる方もいると思います。

  • アルブチンは、肌の乾燥が気になるときにおすすめの美白有効成分です。
  • ビタミンC誘導体は、皮脂やテカリが気になるときにおすすめの美白有効成分です。

アルブチンとビタミンC誘導体には、それぞれに良い特徴があります。

肌質や季節に合わせて、アルブチンとビタミンC誘導体を使い分けていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする